vizoオリジナル顔認証エッジAI

Face-Vox

vizoの顔認証AIは、完全自社オリジナルのAIモデルの構築から行っているため、
様々なシステム向けに柔軟なカスタマイズにも対応が可能です。
また専用STBへのセットアップモデルである為、専門知識がなくとも誰でも
簡単に利用する事が出来ます。

VIZOのAI顔認証ソリューションは
こんな場面で活用頂けます

入出管理

部屋の入出を顔をキーとした認証で行います。

電子本人認証

会員登録等で本人認証が必要な場面において、免許証やその他身分証明書をAIで認識させます。

セキュリティ

個人宅、マンション等の集合住宅において、予め登録されている住人以外の人物を検知させ、防犯に役立てます。

会員管理

会員証等の物理的なカードの代わりにお客様の顔を認証し、サービスを提供します。

システムログイン

ウェブシステム等のログイン機能にAIの顔認証システムを利用します。この際、身分証明書を認証させるKYCを導入すればさらにセキュアな仕組みとなります。

状態監視

リモートでの勤務において、PCの前における作業者が本当にその人物であるかを認証させます。

AI導入で変わるビジネスシーン

VIZOの顔認証AIは上記様々な場面に合わせ、
カスタマイズに対応可能です

VIZOのAIはオリジナルAIエンジンを提供しています。お客様の利用環境やシステムに合わせ様々なカスマイズが可能です。

【カスタマイズ事例】オンライン電子本人認証(eKYC)へ対応

vizoの顔認証AIはマイナンバーカードや免許証、その他写真入り身分証明書を認識し、画像のみを抽出する機能eKYCに対応しており、よりセキュアな顔認証に対応しています。

 

デモ版をお試し頂けます。

VIZOの顔認証AIをお試し頂けます。

※ご利用頂く個人様を特定可能なお顔の画像は登録から24時間後に消去されます。また第3者への情報開示及び提供も行なっておりませんのでご安心下さい。プライバシーポリシー

製品に関するお問い合わせはこちら